台車に収納できる一般的な会議椅子の脚数は

会議椅子のスタッキングチェアタイプは、会議椅子同士を積み重ねて収納ができます。
さらにその積み重ねた(スタッキングした)ものを、キャスター付きの専用台車に載せて移動ができるツールが会議椅子の台車となります。

台車は、会議椅子の種類・サイズ・形状によって、それぞれの専用となる台車が用意されています。
その専用台車にスタッキングされた会議椅子がどれくらい収納ができるのか、ということですが、これもサイズや肘なしか肘ありかによって、さまざまな脚数に分かれています。

肘あり会議椅子タイプのスタッキングチェアでは、その収納脚数は  10脚~15脚程度 となります。
肘なし会議椅子タイプのスタッキングチェアでは、20脚~30脚程度 が一般的な収納脚数となります。

折りたたみ椅子に関しては、折りたたんだ状態で(寝かせるのではなく、立てた状態で)専用台車に収納するのが一般的です。
この折りたたみ椅子の台車には、30脚~40脚程度 がおよその収納できる積載容量となります。