たたんで重ねてそのまま移動可能な水平スタッキング会議椅子

キャスター移動できるスタッキング式会議用チェアー

スタッキングチェアーといえば一般的に椅子を上に積み重ねて収納できるタイプのものを指します。
スタッキングのなかでも水平スタッキングという方法で収納できるチェアーは、椅子の座面の部分を折りたたんでそのまま横方向に重ねて収納できます。
この方法をとりますと、わざわざ重い椅子を1脚1脚持ち上げて上に重ねていく必要がありません。会議椅子を折りたたんで、キャスターで転がせて移動させるだけです。収納がとても簡単で取り回ししやすいことが特長です。

素早く撤収・収納できるため、機動的で流動的なミーティング空間に最適な会議椅子です。
また、折りたたんだ姿がとても美しいデザインとなるため、すっきりと洗練された会議室に見せることができます。

[myphp-button]

肘ありか肘なしかで差が出る会議室のスペース

肘あり肘なしのスペースで会議用チェアーを選択

会議椅子の選択でよく悩まされるのが肘付きの椅子か肘なしの椅子かの選択です。
見た目やデザイン上の問題で肘ありか肘なしかを選択されている場合もあるかと思いますが、ここでは実際のサイズの違いについて考えてみます。

肘付きの会議椅子と肘なしの会議椅子の肘部分のサイズの違いは、一般的な会議椅子でおよそ120mm~180mm。このサイズの違いが有効なスペースに大きな差を生みます。
会議用テーブルのサイズを幅1800mmとすると、片側を2人がけで、240mm~360mm程度のスペースに違いがあります。1800mmのテーブルでは、3人がけまでできますが、肘付きの椅子を使用すると、3脚は入らないか、もしくはかなり小さめの椅子をぎゅうぎゅう詰めにするしかありません。

会議用テーブルのサイズが1800mmのケースですと、テーブルの形が長方形で両側に4人がけもしくは6人がけの場合は肘なしを、テーブルの形が楕円形や円形などで輪になって余裕をもって座る場合は肘付きを選択するのがベターでしょう。
肘ありの会議椅子は、広々とミーティングスペースをとれる場合におすすめです。一方で肘なしの会議椅子は、すこし詰めて座るようなケースやスペースがあまりない場合、大人数がたくさん座る会議室、立ったり座ったり行き来が激しいミーティングスペースでの使用がおすすめです。

購入の際は、会議室の大きさや会議用テーブルとのかねあいを考慮しつつ、商品詳細にある会議椅子の実寸(幅外寸)や肘部分のサイズを確認しましょう。

[myphp-button]

会議室でも座り心地を重視したミーティングチェアーを

会議室で回転椅子タイプのミーティングチェアーを

会議室などで使用するミーティングチェアーは、背もたれと座面が付いた4本脚のシンプルな椅子が一般的です。
簡単で手軽に腰を掛けることができ、事務用チェアーよりも小さめなデザインが多いです。
これは会議室で事務作業をすることが前提とされていないことや、大人数が座れるようにしたためのようです。

ただ、会議・ミーティングに費やす時間が長ければ長くなるほどシンプルな会議椅子では疲れやすくなります。
かといって一般的な事務用チェアーでは、会議室の見栄えがすっきりとせず事務室の風情がでてしまい、なおかつ物理的に窮屈になったりしてしまいます。

回転椅子タイプの会議椅子であれば、ガス圧があることにより座り心地がよくなり、すっきりデザインから会議室を明るい印象にすることができます。
また、椅子を上下に昇降できるため、さまざまな座高に対応でき座る人を選びません。
比較的会議・ミーティングが長く、会議室に長時間居るようなケースでは、この回転椅子タイプのミーティングチェアーがおすすめです。

[myphp-button]

役員室でも使用できるカンチレバー型会議椅子

役員室で役員用家具と配置するカンチレバー型会議椅子

会議椅子のデザインのなかで、カンチレバーと呼ばれるタイプの形状をした椅子があります。
建築用語のカンチレバー構造(片持梁構造)からきており、表示の画像のように2本のスチールパイプを四角につなげて折り曲げバランスをとったデザインとなっています。

すっきりした脚まわりが洗練されたデザインとなり、高級感を演出するのに役立ちます。
実際、オフィス家具メーカー各社のカタログを見ると、役員室で配置する木製の役員用家具とセットでカンチレバー型会議用椅子を掲載していることが多いです。
役員用デスクの対面や脇にカンチレバーのチェアーを配置し、高級感のあるミーティング空間を作ることができます。
ここでのチェアーの色は、役員用家具とのバランスにもよりますが、黒がスタンダード。脚は光沢のあるメッキ加工もしくはステンレスパイプのものがおすすめです。

[myphp-button]

並でない収納力を発揮する折りたたみ会議椅子・パイプイス

収納できる折りたたみチェアーがパイプ椅子

丸椅子と並んでシンプルなデザインで手軽なイスは折りたたみ式のイスです。いわゆるパイプ椅子です。

当たり前ですがイスは人が座るためにあるもの。イスは人の幅や座高にあわせて作られます。そのため、小さいイスでも500mm立方体に高さを700mm程度にした体積が必要です。折りたたみチェアーであれば、この体積を極限まで薄くし折りたたんで平らに収納できます。平らにしたときの厚さは約26mmとなります。

折りたたみチェアーの最大の特長はこの収納力ですが、背もたれが付いていることや軽さも魅力です。
取り扱いのある折りたたみチェアーは重量が2kg程度。丸椅子と比較しても同じか少し軽いぐらいとなります。丸椅子にはない背もたれが付くことで座り心地も大幅によくなります。

平坦に収納できることや取り回しのよさや軽量などから、大会議室・ホールなど人が多く集う場所や、室内室外問わずイベント会場などのすぐに撤収が必要な現場で活躍します。
野外で使用する場合は、パイプ脚がスチール製のものではなくアルミ製のものが錆に強く、かつ軽いのでおすすめです。

[myphp-button]

丸椅子はもっともシンプルで定番の会議椅子

シンプルで使い勝手のよいもっとも定番な会議椅子が、丸椅子。
別名「スツール」と呼ばれ、一般的に座面が丸形で背もたれや肘掛けがなく4本のパイプ脚で支えているチェアーです。

立ったり座ったりを繰り返す場所ではたいへん重宝するイスです。

ミーティングスペースに配置することで気軽な会議空間を演出できます。
また、待合い室や食堂でもよく見かけられます。
構造上の制約から当然座り心地がよいイスとはいえませんが、取り扱いのある丸椅子のなかにはウレタンフォームがはいっており、旧来型の丸椅子よりもクッション性があるものもございます。

シンプルなデザインゆえにお値段も安いのが特長です。

[myphp-button]