丈夫さを計る会議椅子のパイプの太さに注目

会議椅子のパイプの太さ トピックス

会議椅子の丈夫さを計測する上で参考になるバロメーターがあります。
それは会議椅子のスチールパイプ脚の太さです。

一概に太ければ丈夫と決めつけることはできませんが、オフィス家具の会議椅子はあくまでスチール製の椅子ですので、スチールは太ければ太いほど丈夫であるということは疑いありません。
ただし、スチールなので太ければ重量もかさみます。
そのため重さも選ぶ上では考慮しなければなりません。
持ち運びを多用するような使い方であれば、あまりにもの重い会議椅子は、かえって使いづらくなってしまいます。

会議椅子の脚の太さは、細い物でφ12mm 、太い物で φ22mm程度のものがあります。
脚の材質については、ステンレスパイプスチールパイプアルミパイプがあります。

また、会議椅子の脚の見た目のバランスも重要になります。
折りたたみ式会議椅子
は、折りたたむ形状にするために安定性やバランスを重視した構造ではなくなり、折り畳むことのない固定式会議椅子と比較するとどうしても重心をかけたときに安定感が弱くなってしまいます。