会議椅子の背もたれは背張り付きか背張りなしか

会議椅子の背もたれは大きく分けて2種類あります。
背張り付きか背張りなしかです。
背張り付きの会議椅子とは、ウレタンフォームのクッションが背もたれに付いたタイプ。
一方の背張りなしの会議椅子は、プレーン樹脂製のクッションが付かないタイプ。

座り心地の面からすると、ウレタンフォームのクッションが入った背もたれが良く、プレーン樹脂の背もたれは堅く良くないということとなります。
しかしながら、デザインの面からすると、プレーン樹脂の背もたれは最近メッシュ仕様のがラインナップされていることもあり、デザイン性が高いものが多いです。

当然、コスト的にはクッションが入った背張り付きの会議椅子が高価となります。

座り心地・デザイン性・コストの面から、背張り付きの会議椅子か、背張りなしの会議椅子かをお選び下さい。

[myphp-button]

コメントを残す